システム開発ブログ

Access 2007 Runtimeアプリケーション配布時のセキュリティ警告回避

Access 2007の場合、「信頼できる場所」として指定したパス以外から、
Access ファイルを起動すると、画面に警告が出ます。

Access2007製品版
mukou.pngのサムネール画像
Access 2007 Runtime版
runtimeerror.png

Access2007製品版であれば、「信頼できる場所」に、
該当のパスを追加すれば良いだけですが、
Access 2007 Runtime版しかインストールされていない環境では、
「信頼できる場所」の設定を変更することができません。

レジストリを変更すれば、対応できるようですが、
Access 2007 Runtimeアプリケーションを動作させたい環境が、
お客様のマシンだった為、出来ればレジストリを変更したくありませんでした。

配布したいアプリケーションは、
「C:\Program Files\[システム名]\」に配置すれば良く、
配布先のパスが決まっていたので、
試しに製品版で設定を行ったファイルを
Access 2007 Runtime版のみの環境に配置したところ、
警告が出ずに動作するようになりました。

手順は、通常のAccess2007製品版で「信頼できる場所」を設定する場合と同じです。

1) 配布するAccessファイルを開き、[Accessのオプション]を選択する。
option1.png

2) [セキュリティセンター] から [セキュリティセンターの設定]ボタンを押下する。
option2.png

3) [信頼できる場所] から [新しい場所の追加]ボタンを押下し、
 追加したいパスを設定する。
option5.png

4) [OK]ボタンを押下して設定を反映する。
option4.png

あとは、インストーラーまたは手動で、
Runtime版環境にこのファイルを配置するだけです。
(もちろん、配置先は設定したパスにしてください。)

この方法は、プログラムを配置するフォルダが決まっている場合しか使えませんが、
レジストリを手動で変更せずに済むので、試してみてください。


<参考>
2007 Office system で信頼できる場所および信頼できる発行元の設定を構成する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc178948(office.12).aspx

2007 Office system の信頼できる場所および信頼できる発行元の設定を計画する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc179039(v=office.12).aspx

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

最近の記事

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ