システム開発ブログ

ソフトウエア開発部

データベース

Transact-SQLで動的SQLを使用しての値の取得について

先日、SQL Server の Transact-SQL でのバッチ処理を久しぶりに作成しましたが、
その際に、動的SQLを扱いました。

よく使うものかと思いますが、記述方法をど忘れしていた為、備忘的に書きます。


通常、テーブルの値をSELECTして変数に値を取得する際には、
以下の様に取得しますが、
SELECT @sName = MemberName
  FROM M_Member
 WHERE MemberID = @iMemberID;

SELECT @sName;
今回は、動的SQLを使用して、値を取得する必要が有りました。
DECLARE @sSql		nvarchar(max);
DECLARE @sParam		nvarchar(max);
DECLARE @sName		nvarchar(50);

SET @sSql = '';
SET @sSql = @sSql + N'SELECT @sNameOut = MemberName';
SET @sSql = @sSql + N'  FROM M_Member';
SET @sSql = @sSql + N' WHERE MemberID = ' + @iMemberID;

SET @sParam = N'@sNameOut nvarchar(50) OUTPUT';
EXECUTE sp_executesql @sSql, @sParam, @sNameOut = @sName OUTPUT;

SELECT @sName;
上記のように、@sSQL のSQL文中に記述した @sNameOut は、文字列扱いの
埋め込みパラメータとなりますので、
sp_executesqlの第2引数で、埋め込みパラメータの定義します。
第3引数では、埋め込みパラメータを 変数 にセットします。
その際、パラメータが出力パラメータで有ることを示す OUTPUTキーワードを記述します。


複雑な処理の場合には、便利な動的SQLによる処理ですが、
動的SQLの場合には、コンパイル時には、SQLの構文エラーとはならないので、
複雑なSQL文の処理の場合には、特にコーディングに注意が必要ですね。

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ