システム開発ブログ

システム設計

32bit版と64bit版のどちらにするべきか?

32bit版と64bit版のどちらにするべきか?

最近、Windows7ProからWindows10にリプレースする商談をよく耳にします

ここで注意しておきたいことが、「32bit版と64bit版のどちらにするべきか?」という問題です

Microsoft Officeを購入する際やダウンロードする際32bit版か64bit版で迷われる方が多いのではないでしょうか?

「どっちにしようかな~」というよりは「どっちが正しいの!?」と言ったほうがいいでしょうか?

そもそも32bit版と64bit版ってなに?

32bit版と64bit版では処理できる情報量が異なるのでPCの性能に大きく影響します。

単純に「32bit版より64bit版が高性能」と考えることができます。

一般的にOS(Windows)の話しであれば、64bit版がいいということになるでしょうか?

問題は、既存で利用しているアプリケーションが64bit版どちらで動作するか?と言うことになります

たとえば、32bit版のMicrosoft Officeは32bit版のOSでしか動作しません。

一方64bit版のOSでは32bit版・64bit版どちらのMicrosoft Officeもインストールして利用することができます。

どちらの方がいいのか?という話ですが、Microsoftでは32bit版の利用を推奨しているようです。

Microsoftが 32 ビット版の Office をお勧めする理由は、

他の多くのアプリケーション (特にサードパーティのアドイン) との互換性が高いためです。

リプレースの時には、現在の環境を調査して、間違えないようにベストな選択をしましょう。

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ