システム開発ブログ

システム開発

ハイパーコンバージドインフラでスペース広々、工数削減

ハイパーコンバージドインフラストラクチャ...

弊社グループ会社がお客さまへの実績もあり、得意としているので耳にはしていました。
が、システム会社に勤めているにもかかわらず文系の私は聞こえないフリをしていました。

簡単に言えば、サーバー、ネットワーク、ストレージが一つのパッケージになったものだそうです。

導入までがとにかく早い


特徴としては、何と言っても導入までの速さが利点になるかと思います。

今までは、サーバー、ネットワーク、ストレージそれぞれ対応が必要でしたが、大げさに言えばその必要がなくなる。
それぞれの専門家が対応し、数日以上かかっていました。
それが、パッケージ化されていることで繋いで電源を入れてちょこっと対応すれば、環境ができあがります。

工数も大幅に削減


工数として100かかっていたものが、50以下になる。
お客さまにとっては機器自体の費用が抑えられると同時に我々システム会社が対応する工数も抑えられます。
よって、我々の仕事が減ります...

運用後もらくらく


コンパクトに抑えられるためラックスペースの悩みからも解消され、さらに電気代も軽減されます。

管理運用についても拡張も容易で早く、構築時と同じで専門家に頼る工数も削減されます。

導入コスト削減、スピードアップ、運用が楽。

非常に魅力的なハイパーコンバージドインフラですが、我々システム会社はいろいろな意味で考えさせられる技術です。

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ