システム開発ブログ

Movable Type

システム開発

Strawberry Perlを利用してみた

みなさん、こんにちは。
システムアーキテクト部の加藤です。

以前は、Windows環境でPerlを利用する場合、
「ActivePerl」を利用していましたが、
以下のような点で面倒な作業が多く、
不便さを感じていました。

・標準でCPANが入っていないのでインストールする必要がある。
・コンパイラ(gcc)がバンドルされていない
 nmakeコマンドを利用するために、VC++をインストールする必要がある。
・データベース関連のモジュールDBDのインストールがうまくいかないことが多々ある。
 特に、データベースでMySQLを利用する際に必要な「DBD::mysql」の
 インストールがなかなうまくいかない。
 弊社は、Webサイト作成に「MovableType」を利用することが多いので、
 Perl+MySQLは必須なので、かなり苦労をさせられました、、、


最近、久しぶりにWindows環境でPerlを利用する機会があったのですが、
上記の理由から、ある程度、嵌ることを覚悟していたのですが、
「ActivePerl」以外に、「Strawberry Perl」という選択肢があることを知り、
試してみることにしました。

実際に、「Strawberry Perl」使ってみると、
過去の苦労がどこにいったのか、、、
スムーズに作業が進みました。
理由は、以下のとおりです。
・標準でCPANが入っており、インストールする必要がない。
・コンパイラ(gcc)がバンドルされている。
・「DBD::mysql」が最初からインストールされている。
 ※これが一番、嬉しかったです。

これからは、「Strawberry Perl」を利用することにしました。
おすすめです。

StrawberryPerlの公式サイト

StrawberryPerl20140207.gif

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ