システム開発ブログ

事業開拓部

データベース

MySQLでrootユーザーを使用してはいけない理由

Webアプリケーションを開発している際、便利であるが故rootユーザーを
使ってしまうことが多々あるかと思います。
開発の段階でもできればrootユーザーは使わないようにしたほうが良いのですが、
特に実際の運用の段階でrootユーザーを使うことは禁止すべきです。

名前からもわかるように、管理者権限を持っているユーザーですので、
万が一アプリケーションに不備があり外部からDB操作が行われてしまうようなことがあれば、
DBサーバ全体に影響を及ぼしてしまうからです。

また、MySQLではDBへのコネクションが全て使い果たされてしまっても、
SUPER権限をもつユーザー1コネクション分だけは確保される仕組みになっています。
そのため、rootユーザーを使用していた場合、DBへのコネクションが一杯に
なってしまった場合、MySQLにログインし、負荷をかけているプロセスを調べるための
SHOW PROCESSLISTや、DBの状況を確認するためのSHOW STATUS等の
コマンドを実行することができなくなってしまいます。

このような事態が起きた場合、どのような処理がDB上で動いているのか
確認することもできず、泣く泣くMySQLの再起動を行わなければ
いけなくなってしまいます。

何か起きた時にDBサーバへログインするための空きの接続を使いきらないためには、
rootユーザーを常用しない事と共に、適切なユーザー設定、権限設定を行う必要があります。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ