システム開発ブログ

Webサイト構築・Web戦略

事業開拓部

テキストを画像にする効果

私たちウェブページ制作にかかわる人間は、『ユーザーに的確に情報を伝えるための言葉』を一生懸命考えます。
一時期、検索にかかりやすいという理由で、特に伝えたい重要な事は、できるだけテキストで表示する事が求められました。
果たして、そのテキストは読んでもらえたのでしょうか?
サイトのトップが、情報だらけで、大切な言葉も埋もれているのではないのでしょうか?

下のサンプルは、同じ内容に視覚的要素を足して伝わり方の違いを比べたものです。

200906_sampleimg.gif

1.基本のテキストリンクです。
2.画像にする事で、文字の大きさにメリハリがついて、見やすくなります。
3.「青い」を青色にしました。「文字」と「色」が一致する事でより認識しやすくなります。
4.さらに青いTシャツの「形」を加える事で、直感的に伝える事が出来ます。

実は、このサンプルは、先日TVドラマでやっていた内容が気になって、作ってみたものです。複数の情報が一致する事で、脳への情報が加速度を増す、この事を「ストループ効果」と言うそうです。

日頃、より目が向くように、よりクリックしてもらえるようにと工夫していた事も
こうやって順を追って行くと納得です。

テキストを画像にしても、altがしっかり入っていれば、SEOとしても問題無いはずです。
もう一度、画像で表現する事で得られる効果を考えなおしてみたいと思います。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ