システム開発ブログ

データベース

Windows Azureのおすすめ

最近、Windows Azureを利用する機会がありました。

Windows Azureを利用したきっかげは、
当社が最近データベースをクラウドデータベースに移行する提案があった為、
Windows Azureを採用しました。

Windows AzureはWindows ServerやSQL Server相当の機能に加え、
外部アプリケーションとの連携など多くの機能をもつクラウドサービスです。

Windows Azure上にすでにSql Azureというクラウドデータベースがそろっていますので、
SQL Serverをインストールする必要がなく、
Windows Azureのアカウントを申請していれば、
SQL Serverと相当の機能のデータベースが使用できます。

以下の図に示したように、
新規したアカウントにはいくつかのデータベースを新規するのが可能です。
azureDB.jpg

Sql Server以外にVisual Studioなどサービスも提供されています。
具体的な内容はこちらで確認できます。

Sql Azureを体験した感想としては、Sql AzureはSqlServer2008R2の機能と似ていますが、
同じにしてはいけません。Sql Azureは機能制限があります。
例えば、照合順序は一旦設定されたら、変更できません。
また、全てのテーブルにクラスターインデックスを設定しないとエラーが出ます。
そのため、SqlServer2008R2データをSql Azureに移行する時に、
Sql Azureの機能を確認した上で行う必要があります。

現在Windows Azure特典キャンペーンが行われる中で、無料体験ができます。
ぜひWindows Azure を使ってみてください。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ