システム開発ブログ

流通システム部

【JavaScript】日付を自由にフォーマットする

みなさんこんにちは。

JavaScriptで日付のフォーマットを行う場合、 たとえば日付を「yyyy/MM/dd」の形式にフォーマットする場合を例に挙げると、通常であれば次のようなコードを書くと思います。
var date = new Date();
var year = date.getFullYear();
var month = date.getMonth() + 1;
var day = date.getDate();

if ( month < 10 ) {
  month = '0' + month;
}
if ( day < 10 ) {
  day = '0' + day;
}

var str = year + '/' + month + '/' + day;
alert(str);
上記のようなコードで目的は実現出来ますが、
フォーマットが違う度に毎回コードを書かなければなりません。
それはあまりにも不便なので、フォーマット処理を関数化してみました。
日付を指定したフォーマットで文字列に変換する関数と、
文字列を指定したフォーマットで日付に変換する関数の2つを作成しました。

以下は、ソースとサンプルです。
date.js
datesample.html

一応、使い方を載せておきます。

日付→文字列
var d = new Date();
var f = 'yyyy/MM/dd HH:mm:ss.fff';
var str = comDateFormat(d, f); // 日付から文字列にする
文字列→日付
var d = '2010年09月10日 12時03分02秒001';
var f = 'yyyy年MM月dd日 HH時mm分ss秒fff';
var date = comDateParse(d, f); // 文字列から日付にする
これで、自由に日付のフォーマットを行うことができますね。


この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ