システム開発ブログ

産業システム部

データベース

Oracle DataPumpユーティリティ(その2)

前回、DataPumpユーティリティの特徴などお伝えしましたので、
今回は、使用方法をお伝えします。

◆◆ EXPORT方法 ◆◆

1)ディレクトリオブジェクトの作成(sqlplusにて)

【構文】
CREATE {OR REPLACE} DIRECTORY [ディレクトリオブジェクト名] AS [ディレクトリのパス];
【例】
CREATE DIRECTORY oradata AS 'c:\oracle\oradata';

2)ディレクトリオブジェクトの利用権限を付与(sqlplusにて)

【構文】
GRANT WRITE,READ ON DIRECTORY [ディレクトリオブジェクト名] TO [EXPORT実行スキーマ名];
【例】
GRANT WRITE,READ ON DIRECTORY oradata TO scott;

3)エクスポートの実行

【構文】
EXPDP [EXPORT実行スキーマ名]/[パスワード] DIRECTORY=[ディレクトリオブジェクト名] DUMPFILE=[ダンプファイル名] LOGFILE=[ログファイル名]
【例】
EXPDP scott/tiger@orcl DIRECTORY=oradata DUMPFILE=scott.dmp LOGFILE=log.txt

4)ディレクトリオブジェクトの削除(sqlplusにて) ※何らかの理由で消したい場合

【構文】
DROP DIRECTORY [ディレクトリオブジェクト名];
【例】
DROP DIRECTORY oradata;

◆◆ IMPORT方法 ◆◆

【構文】
IMPDP [IMPORT実行スキーマ名]/[パスワード]
DIRECTORY=[ディレクトリオブジェクト名]
DUMPFILE=[ダンプファイル名]
LOGFILE=[ログファイル名]
SCHEMAS=[インポート対象スキーマ]
REMAP_SCHEMA=[旧スキーマ名]:[新スキーマ名]
REMAP_TABLESPACE=[旧テーブルスペース名]:[新テーブルスペース名]
TABLE_EXISTS_ACTION=TRUNCATE EXCLUDE=[インポート対象外オブジェクト名]

【例】
スキーマ「scott1/tiger1」(表領域:ts_a)のデータをエクスポートし
スキーマ「scott2/tiger2」(表領域:ts_b)へインポート

EXPDP scott1/tiger1@orcl DIRECTORY=DPUMP_DIR DUMPFILE=export.dmp LOGFILE=expdplog.txt
IMPDP scott2/tiger2@orcl DIRECTORY=DPUMP_DIR DUMPFILE=export.dmp LOGFILE=impdplog.txt
SCHEMAS=scott1 REMAP_SCHEMA=scott1:scott2 REMAP_TABLESPACE=ts_a:ts_b
TABLE_EXISTS_ACTION=TRUNCATE

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ