システム開発ブログ

企画開発部

JAVA

実行可能JARの作り方と実行の仕方

こんにちは。西槇です。
先日、Javaでバッチプログラムを作る機会がありましたので、
実行可能なJARファイルの作り方と実行の仕方を簡単に説明したいと思います。

Java言語で開発するというと、Eclipseを使用されている方が多いと思いますので、
Eclipseの画面と共に説明します。

まず、プロジェクトエクスプローラー上で右クリック->エクスポートを実行します。

下記画面のようにどのような形式でエクスポートするか選択できますので、
Javaを展開し、実行可能JARファイルを選択し、次に進みます。
export1.png

次に、実行可能JARファイルの仕様についての設定画面が表示されます。
export2.png

起動構成は、クラス名 - プロジェクト名の形式で、プルダウンが表示されるので、
JARファイルにしたいクラスを選択します。

エクスポート先は、JARファイルの保存先を指定します。

ライブラリー処理は、プログラムが動作するのに必要なライブラリ類を、
JARファイルに含めてしまうか、外部に出力しておき読み込むか等設定ができます。

一番お手軽のなのが、真ん中にある「生成されるJARに必須ライブラリーをパッケージ」です。
これは、生成するJARのなかに必要なライブラリーを全てパッケージしてくれます。
一つのJARファイルにまとまることと、別途ライブラリーを配置し、クラスパスに指定する手間が省けます。

入力完了後、完了ボタンをクリックすると、指定した場所にJARファイルが作成されます。
export3.png

バッチプログラムはコマンド経由で実行することが多いので、コマンドプロンプトから実行します。

まず、JARファイルが保存してあるフォルダに cd コマンドを使用して移動します。
export4.png

何も考えず、java jartest.jar と実行してみると、
jartest/jar というクラスは存在しないというエラーになってしまします。
export5.png

調べてみると、JARファイルを実行するには、jar オプションを付けなければいけないことが分かりました。

java -jar jartest.jar と実行すると、正常に実行結果が返ってきました。
export6.png

これで、JAVAのバッチを作るときも一安心です。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ