システム開発ブログ

企画開発部

MySQL

運用・保守

MySQLのバックアップきちんとできていますか?

こんにちは。西槇です。

今日は、MySQLのバックアップ(mysqldumpコマンド)についてお話ししたいと思います。
MySQLが進化を遂げるにしたがって、MySQLのバックアップコマンドである
mysqldumpのオプションも変化しています。

MySQL5.0からはストアドプロシージャがサポートされることになったため、
-R オプションを付けなければ、ストアドプロシージャがバックアップされません。
MySQL5.1からはイベントスケジューラがサポートされることになったため、
-E オプションを付けなければ、イベントスケジューラの設定がバックアップされません。

その他にも、blob型のカラム値を持つテーブルをバックアップする際は、
--hex-blob オプションを付けなければ、バックアップを行っていても復元することができなくなります。
これは、どのバージョンに限ったことではありません。

ストレージエンジンにinnodbを使用しているのであれば、 --single-transactionオプションを付けなければ
一貫性のあるバックアップは取得できません。

つらつらと書いてみましたが、チェックポイントは以下の4点です。
以下の4点のいずれかに当てはまる方は、バックアップコマンドのオプションが
不足していないか、念のため確認することをお勧めいたします。

 1.ストアドプロシージャを使用しているか?
 2.イベントスケジューラを使用しているか?
 3.blob(バイナリ)型のカラム値を持つテーブルを使用しているか?
 4.ストレージエンジンにinnodbを使用しているか?
 
バックアップ手法、リカバリ手法の詳しい方法は、下記書籍に非常に詳しく記載されておりますので
是非ご購入することをお勧めします。

エキスパートのためのMySQL[運用+管理]トラブルシューティングガイド
奥野 幹也
技術評論社
売り上げランキング: 7948

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ