システム開発ブログ

ソフトウエア開発部

Access

データベース

Accessのmdbの破損について

最近、私が保守を担当しているお客さんで、
Accessの mdb をデータベースとして使用しているシステムがあり、
データベースのバックアップ処理が正常に終わらないとの連絡が有りました。

バックアップ処理の流れは、
ローカルに退避用にmdbをコピーし、
mdbを最適化後に 外部媒体にコピーを行っていたのですが、
最適化中に、約 2GB までmdbが肥大化して途中で終了してしまいました。


通常、mdbが壊れても、最適化を行うと
復旧されていましたが、今回は最適化を行うと逆に壊れてしまうという
状況になってしまいました。

結局、対応としては、
新規のmdbを作成し、最適化前に退避してあったmdbから、
全オブジェクトをインポートし、正常に動作するようになりました。

念の為に、最適化前に退避の処理を行っていた為に、
データの損失という最悪の状況は免れました。

Accessのmdbは、壊れることは良く有りますので、
退避などをこまめに行う事が重要だと再認識しました。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ