システム開発ブログ

先日、SQL Server を用いたアプリ開発でロックヒントを使うケースがありました。SQLServerなどデータベースでは、行単位、ページ単位、表単位など、データをロックする単位が予め設定により決められますが、例えば...

FROM テーブル名 WITH(ROWLOCK)

...みたいにロックヒントを指定すれば、そのSQL実行に限ってのみ、ロック種類を変更できます。上記「WITH(ROWLOCK)」の例は、行単位として実行させるという指定です。デフォルトが表単位なのだが、そのSQLだけ行単位にしたいというケースに使用できます。今回はデッドロックを回避する為の解決策として使用しました。色んなやり方を知っておけば、さまざまなケースにおける問題解決に役立ちます。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ