システム開発ブログ

システムソリューション部

データベース

【Oracle】自律型トランザクションについて

みなさん、こんにちは。

自律型トランザクションというのは親のトランザクションとは別に、
子供だけでトランザクションを終わらせたい時に使うことが出来ます。

早速、例を挙げます。

■ 用意するテーブル
-- 自律型トランザクションによりデータが登録されるテーブル
CREATE TABLE TABLE1 (COLUMN1 VARCHAR2(40))

-- ロールバックによりデータが登録されないテーブル
CREATE TABLE TABLE2 (COLUMN1 VARCHAR2(40))
■ 用意するプロシージャ
CREATE OR REPLACE PROCEDURE PROCEDURE1
IS
  --これにより自律型トランザクションが使用できます
  PRAGMA AUTONOMOUS_TRANSACTION;
BEGIN
  INSERT INTO TABLE1 VALUES ('これは登録されます');
  COMMIT;
EXCEPTION WHEN OTHERS THEN
  ROLLBACK;
END;

上記のテーブルとプロシージャを作成した後に、次の処理を実行してください。
DECLARE
  ROWCOUNT NUMBER;
BEGIN
  --このINSERT文で親のトランザクションが開始されます
  INSERT INTO TABLE2 VALUES ('これはロールバックされます'); 

  --プロシージャ内でトランザクションが完結します
  PROCEDURE1;

  --TABLE2への登録のみロールバックされます
  ROLLBACK;

  SELECT COUNT(*) INTO ROWCOUNT FROM TABLE1;
  DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('TABLE1の件数:' || ROWCOUNT);

  SELECT COUNT(*) INTO ROWCOUNT FROM TABLE2;
  DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('TABLE2の件数:' || ROWCOUNT);
END;

TABLE1の件数:1
TABLE2の件数:0

と表示されますね。

詳細はOracleのサイトをご覧下さい。


システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ