システム開発ブログ

システムソリューション部

データベース

Oracle Enterprise Managerが使えないときの解決方法

みなさん、こんにちは。

Oracle10gからはOracle Enterprise Manager(以下OEM)という、
Webブラウザで使える管理ツールがあるのはご存じだと思います。
このOEMですが、マシン名やIPアドレスを変更した場合、そのままでは使えなくなります。
他にも何らかの設定変更によってOEMが使えなくなることがありますが、
その場合どのようにしたらよいでしょうか?

解決方法は、OEMのリポジトリを再構成することです。
再構成することで、大半の場合は使えるようになります。
手順としては、コマンドプロンプトから次のように入力していきます。

1.OEMのリポジトリを初期化する
> emca -deconfig dbcontrol db

2.OEMのリポジトリを再構成する
> emca -config dbcontrol db -repos recreate

3.OEMを起動する
> emctl start dbconsole

"Oracle Enterprise Manager 10g is running."と出れば起動まで成功です。

なお、2の手順でリポジトリを再構成するときですが、
以下の内容の入力が必須となりますので、あらかじめ確認しておく必要があります。

・データベースのSID
・リスナーのポート番号
・SYSユーザーのパスワード
・DBSNMPユーザーのパスワード
・SYSMANユーザーのパスワード

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ