システム開発ブログ

Excel

VBA

キーを4つ以上指定した場合のSortメソッドの使い方

こんにちは。
キーを4つ以上指定した場合のSortメソッドの使い方についてお話します。

Sortメソッドはキーが3つしか指定できないので、
たとえば、4つのキーを指定して並べ替えをしたいときは、
初めに一番最下位のキーを指定します。

lCount=.Cells(cglMaxRow, cgiColumns.KikakuCd1).End(xlUp).Row '//最終行
WorkSheets.Range("A1:Z" & CStr(lCount)).Sort _
'//第4位のキーを指定
Key1:=.Range("D1"), order1:=xlAscending, _
Header:=xlNo, _
DataOption1:=xlSortTextAsNumbers '//S2行から下を昇順(数値)で並び替える

そのあとに第1,2,3位のキーを上から書いていきます。

WorkSheets.Range("A1:Z" & CStr(lCount)).Sort _
Key1:=.Range("A1"), order1:=xlAscending, _
Key2:=.Range("B1"), order2:=xlAscending, _
Key3:=.Range("C1"), order3:=xlAscending, _
Header:=xlNo, _
DataOption1:=xlSortTextAsNumbers, _
DataOption2:=xlSortTextAsNumbers, _
DataOption3:=xlSortTextAsNumbers

これでA→B→C→D行の順位で並び変わります。

このときSortメソッドで第4位のキーを指定するときにKey4などと記載した場合は、エラーになります。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ