システム開発ブログ

Webサイト構築・Web戦略

モバイルフレンドリーの対応可否が検索順位に影響開始_2015年4月21日

Googleによる「モバイルフレンドリーの対応可否を検索順位に影響させる」ことが、2015年4月21日より始まりました。

みなさんのWebサイトはいかがでしょうか。

先日、お話したとおりモバイルフレンドリーではないサイトには
ウェブマスターツール上に「http://www.●●/でモバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました」
というメッセージが届いているはずです。

とは言え、今すぐ全ページの対応は難しいと思います。

ではどうすればよいのか。

まず、ウェブマスターツールでモバイルフレンドリーではないと判断されたページはモバイル検索でどの程度の流入数があるのかを確認します。
次に流入数が多い、つまり多くのユーザーが訪れているページから順次モバイル対応を行います。

全ページ対応するに越したことはありませんが、ほとんど流入が無いページについては、この際後回しでもいいでしょう。

実際、ここ数日でモバイル対応のご依頼が増えてきました。

Googleは以下のとおりレスポンシブ・ウェブデザインを推奨しています。
「レスポンシブ ウェブ デザイン: ユーザーのデバイス(パソコン、タブレット、モバイル、非視覚的ブラウザ)に関係なく、同じ URL で同じ HTML コードを配信しますが、画面サイズに応じて(つまり「レスポンシブ」に)表示を変えることができます。Google では、デザイン パターンとしてレスポンシブ デザインを推奨しています。」
ただ、PC用と同じだけのデータ量になりますので、場合によっては表示速度が遅くなる場合もありますので、ご注意ください。

急に「お問い合わせが減った」「反響が無くなった」とならないように、まずはウェブマスターツールのチェックをしましょう。
万が一モバイルフレンドリーではないと判断されたページがあれば、そのページは自社サイトの流入にとって重要かどうかを確認してください。

errorpage_mobile-usability.png

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ