システム開発ブログ

Webサイト構築・Web戦略

Googleの検索結果がモバイルサイトを重視「モバイルファーストインデックス」に対する対策方法

モバイルファーストインデックス(Mobile-First Index)とは?

Googleが11月5日に「モバイル ファースト インデックスに向けて」を発表しました。

そこでユーザーにとってさらに価値ある検索結果を提供するために、Google ではモバイル ファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています。Google 検索のインデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。

この発表はどういうことか

簡単にいうと、今までgoogleってPC用ページを一番に見て検索結果出してたけど、モバイルからのユーザーすっごい増えてきたからモバイル用のページを一番に評価するね!ということです。

スマホやタブレットが普及していないときは、もちろんデスクトップPC用からインターネットにアクセスしていたのでgoogleはPC用に構築されたサイトを重視して評価していました。
現在は、インターネットを見る際にはほとんどの方がモバイル端末からアクセスしてサイトを閲覧していることから、「モバイル・ファースト」ということが重視され、移行しようとしています。

モバイルファーストインデックスに対する対策方法

一番気になるのは、では自分のサイトをどう対応していけばいいかということかということだと思います。

レスポンシブデザインで構築している場合

安心してください、特にすることはありません。
公式ブログでも、レスポンシブデザインを推奨しています。

レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。

モバイル ファースト インデックスに向けて

レスポンシブデザインで作っているということは、同じURL、コンテンツ内容のページをPCでアクセスした場合とモバイル端末でアクセスした場合で適したデザインで閲覧できるように最適化されているということですので、問題ありません。

モバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合

PC用ページとスマホ用ページを別々に作っており、それぞれで別URLでサイトを構築している(sp版 /spとかでURLが違う場合)についてです。


主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で異なるようなサイトの設定を行っている場合、いくつか変更を検討してみてください。
・構造化データ マークアップがデスクトップ版とモバイル版の両方で配信されるようにします。
・構造化データ マークアップの同一性を確認するには、構造化データ テストツールにデスクトップ版とモバイル版の両方の URL を入力し、出力結果を比較します。
・モバイルサイトへ構造化データを追加する際は、それぞれのドキュメント特有の情報に関係のないマークアップを大量に追加するのは控えます。
・robots.txt テスターを使用してモバイル版のコンテンツに Googlebot がアクセス可能であることを確認します
・rel="canonical" リンク要素を変更する必要はありません。デスクトップとモバイルのそれぞれの検索ユーザーにとって適切な結果を表示するために、Google はそれらのリンク要素を引き続き使用します。

この対応方法については、
別々の URLにかかれているように、どのPC用ページとモバイル用ページが対になっているのかをrel="canonical" 要素、rel="alternate" 要素で正規化の設定をしっかりとします。
正規化の設定では、現在多くのサイトが主となるrel="canonical" ページの設定をPC用サイト、従属ページであるrel="alternate" の設定をモバイルページにしていると思いますが、発表の通りGoogleはモバイルファーストインデックスだからといって、そのリンクを逆に修正しなくちゃいけないって訳ではなく、Google側でやりますよと言っているようです。

正規化の説明については、こちらのサイトが参考になります。

PC用とモバイル用とコンテンツ内容が違う場合

スマホからの流入は少ないのでさほどモバイル版を重視してなく、コンテンツ内容を大きく削って載せている場合、その場合もモバイル版ページを優先すると発表しています。
完全に同じでなくてもよく多少コンテンツの差はあってもいいようです。

Googleの中の人のツイート


しかし、モバイルページで極端にコンテンツを削除している場合には対応が必要です。
先ほど述べたように、現在PC用ページでgoogleに評価されているページを主となるrel="canonical" ページの設定をしていれば、モバイルファーストインデックスが行われた後でも、そのページと対となるスマホページが設定されていて、同じ内容のコンテンツであれば、順位は下がらないということになるようですが、設定されていないとモバイル用ページがインデックスされて順位が落ちる可能性もあるということです。

まだ自分のサイトがスマホ対応していない場合

この発表を聞いて、「まだ自分のサイト、モバイル対応してないし!どうしよう!」と心配になっている方がいるかと思います。

デスクトップ版のサイトしか存在しない場合、Google は引き続きデスクトップ版のサイトをインデックスします。モバイルユーザーエージェントを使用してアクセスする際も問題ありません。
モバイル ファースト インデックスに向けて

と、あります。
PC用しかなければそっちを検索結果の対象として見ますよとあります。
また、Googleの中の人のツイッターでも、「デスクトップ版しかなくても検索結果にはでるよ。」的なことをいっているようです。

なので、焦ってモバイル対応しなきゃヤバイ!ってことではないようですが、今後のことを考えてスマホ、タブレットに対応したサイトを作成しておいたほうがいいとは思います。

正式実施前に余裕を持って対応

焦ることはないと言っても、世の中もGoogleもモバイルファーストの考え方になってはいるので、徐々にでも自分のサイトをモバイル対応をしていかなければなりません。
やらなきゃな、対応したいなと思っていても、あまり予算をかけられない、工数をかけられない、どうやって対応していいかわからない、など様々なお悩みがあると思います。
具体的なやりたいことがまだ明確でなくとも大丈夫ですので、ご相談ください。

サイト運営のお悩み、ご相談ください。

サイト構築、レスポンシブデザイン対応、CMS導入をご検討中の方、まずはお気軽にご相談くださいませ。


または、お電話でも承ります。
03-6892-2526  10:00 - 19:00(土日祝休み)

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ