システム開発ブログ

Webコンサルティング部

Webサイト構築・Web戦略

決定版!? クロスブラウザ表示確認ツール3選

デザイナーの川本です。

主な業務はWEB制作やデザイン業務全般です。
今回は、マークアップ業務に役立つ、クロスブラウザ表示確認のツールについて紹介します。

ブラウザの表示確認は様々なツールを使ってきましたが、これぞ!という3つを紹介します。


20110404_01.png

IETester
http://www.my-debugbar.com/wiki/IETester/HomePage

Internet Explolerの表示確認が同時にできるアプリケーションです。
タブを切り替えてIEのバージョンを選ぶことができます。
また、上の図のようにバージョンを並べて表示することも可能です。
タブが急に落ちるなど、バグがよく起こるようですが、表示の確認には支障はありません。

対応ブラウザ:
Internet Exploler 5.5, 6, 7, 8(9も対応予定のようです)


20110404_02.png

Microsoft Expression Web SuperPreview
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=E6CC9B3E-7EAB-4525-8322-14D7E267EB2C&displaylang=ja

マイクロソフトのWEBオーサリングツールです。
IETesterと機能は似ていますが、基準となるブラウザと比較するブラウザを半透明にし、重ねて表示できたり等、より細かな検証が可能です。
また、検証ブラウザの切り替えもワンクリックで可能です。

対応ブラウザ:
Internet Exploler 6, 7, 8
Mozilla Firefox 3.6


20110404_03.png

spoon
http://spoon.net/Browsers/

以前にもシステム開発ブログで紹介しましたツールですが、仕様が少し変わりましたので、再度ご紹介します。
チェック対象のブラウザをインストールせずに、spoonサイトから直接主要ブラウザを直接立ち上げることが出来ます。

対応ブラウザ:
Mozilla Firefox 2, 3, 3.5, 3.6, 4
Google Chrome4, 5, 6, 7, 8
Apple Safari 3, 4, 5
Opera 9, 10


以上3点が私がオススメするクロスブラウザ表示確認のツールです。

ツールによって対応しているブラウザも様々ですので、場合によって使い分けてみて下さいね。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ