システム開発ブログ

Webコンサルティング部

Webサイト構築・Web戦略

Web担当者が気をつけるべきこと

売上などの成果を上げるために、SEMに力を入れてWebサイトのPV(ページビュー)を増加させたり、
サイト内のユーザビリティを改善して、CVR(コンバージョンレート)を上昇させたりと
さまざまな取り組みを実施されてらっしゃると思います。

弊社でもサイト経由でお問い合わせをいただくお客さまが大半です。
Webサイトはお客さまにとって知りたい情報や、課題解決のためのコンテンツに
容易にたどり着いていただくような設計を心がけています。
改善を繰り返すことで、弊社のサイトに訪れる方やお問い合わせいただく方は増えてきています。

ただし、Web上ですべてが完結してしまうサービスであれば、これで問題ないのですが、
弊社の場合は、ホームページやECサイトの構築、システムの開発が主となります。
お取引までの流れは、Webサイト→電話(メール)→お打合せ(ご提案)→受注となります。
よって、Webサイトが関わるのは、ご興味を持っていただきお問い合わせをいただくまでとなります。
重要なのはむしろその後で、せっかくWebサイトを見てご期待いただいたとしても、
連絡までのレスポンスが悪かったり、提案がイマイチだったりすると、お客さまは一気に興味を失ってしまいます。

成果を上げるためには、検索ワードに合致したページが表示されるように、
Webサイトで興味を持っていただいたお客さまに合致した社員の対応が欠かせません。
そのためも、Webサイトの担当者は電話の受付体制や営業、その後のサービスを提供する担当者に至るまで、
一貫してフローを確立し、スムーズに目的(成果)が達成できるようにすることがとても重要です。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ