システム開発ブログ

Webコンサルティング部

その他

今のシステムはいつまで使えるか?

みなさん、こんにちは。

最近、よくお問い合わせを受けるのが、OSや開発ツールのバージョンアップ対応です。

一度パソコンに入れてしまえば、そのパソコンが壊れない限りは確かに使えます。
しかし、サーバーもパソコンも数年使い続ければ必ずガタがきます。
当社でも凡そ5年くらいが買い替え時としていたように思います。

そして新しいパソコンを購入したときには既に元のパソコンのOSやツールは販売終了していたり、サポートが切れてしまっているということが往々にしてあります。
そうなってからバージョンアップを行うのは非常に難しい場合が多いのです。

例えば、バージョン1から2など次のバージョンへの移行というのは、販売する側も普通に考慮しているところですので、互換性があったり、移行ツールが用意されていたりします。
しかし、1から3など間を飛び越してのバージョンアップは間が開けば開く程困難になるのは当たり前だと思いませんか?

このため、バージョンアップ時には、一足飛びに上げるのではなく、各バージョンをそろえておいて、一つずつ上げていくという作業を行うことも多くあります。
でもなかなか全てのバージョンをそろえておくというのは難しいですよね。
また、途中のバージョンは販売終了していたりしたらもう対応ができなくなってしまいます。

ですので、特に私たちのようなシステム会社は、自分たちの利用しているツールなどのバージョン情報には常にアンテナを張っておき、自分たちのシステムが廃れてしまわないようにしなければなりませんね。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ