システム開発ブログ

Webコンサルティング部

その他

朝礼で落語やってます

アイロベックスでは、月曜日の朝礼に交代で落語の発表をしています。
「落語?!」って思いますよね。
私も思っていました。。
落語のイメージというと、つまらない、年寄りくさい、興味がない
そんなイメージがあるかと思います。

しかし、最近ではNHKの朝のドラマ「ちりとてちん」やTBSの「タイガーアンドドラゴン」などで若者にも人気がでてきたように感じます。
NHK教育テレビの「にほんごであそぼ」という子供向け番組でも、
3~4歳がじゅげむをすべて言えたりと、なかなか定着してきたように思います。

そんな落語、実際にやることでどんな効果があるのでしょう。
落語というのは、座布団に座り扇子と手ぬぐいで、話に出てくる全ての登場人物と
行動を演じます。
話だけで聞いてる人を飽きさせずに、その場面などを伝えるということは、
プレゼンテーションのスキルにつながるものがあると思います。
セリフの言い方や、間の取り方、声の高さや低さを使い分けで
話を作り出すのは、とても話し方の練習になります。

今までの朝礼で、「目黒のさんま」「まんじゅう怖い」「猫の茶碗」などの
古典落語から、「超大作」「午後の保健室」など新しいものまで
幅広い落語が発表されています。
社員の意外な一面が見れて面白い時間です。

落語に興味がなかった方も一度聞いてみてはいかがですか?

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ