システム開発ブログ

WEBサイト構築

お客さまを不安にさせる"http"サイト

先月、Google「Chrome 68」がリリースされ、常時SSL化されていないサイトは下記のように"保護されていない通信"とアドレスバーに表示されるようになりました。
保護されていない通信.png


システム開発の成功メソッドがわかる冊子をお問い合わせで無料プレゼント ≫

お客さまを不安にさせる製品/サービスページ

情報の入力と通信を行う問合せフォームはSSL化している場合でもサイト訪問者はいきなり問い合わせフォームを訪れるわけではありません。

通常は、トップページや会社概要、製品及びサービスページを訪れた後に問い合わせフォームに遷移します。
そうなると、問い合わせフォームはSSL化しているとは言え、その前のページで"保護されていない通信"と表示されたページを訪れたサイト訪問者は貴社サイトに不安をいだくでしょう。

フォーム入力内容以外にも抜かれる情報

SSL化されていなければ貴社サイトを訪れた方の閲覧履歴、検索ワードなどの行動履歴も第三者により抜き取られる可能性があります。
知られたくない情報は個人情報だけではありません。
そのようなサイト訪問者から見ると常時SSL化されていないWebサイトはセキュリティ的に不安になるサイトと認識されます。

更に怖いのは、Webサイトを運営している会社のセキュリテイに対する姿勢を問われることです。
たかだかWebサイトの対応という考え方もできますが、セキュリティ意識が低い会社 → 情報を渡したくない会社 → お付き合いしたくない会社 となるリスクも考えられます。

SEO的にも不利な状況

Googleもセキュリティは最優先事項と言っており、HTTPS(SSL化)への切り替えを推奨しています。
また、検索でのランキングにも影響するとのことで、さらに強化していくとのことです。
どちらかと言うと、SSL化したら有利というより、していないサイトは安全ではないので推奨しないというスタンスなのかもしれません。

貴社に少なからず影響があるかもしれない内容ですので一度ご確認と社内でのご検討をおすすめします。

補足事項として先日アップしたページもご確認ください。
自社サイト、「保護されていません」という表示されていませんか

株式会社アイロベックス 会社概要

(1) 商号    : 株式会社アイロベックス
(2) 代表者   : 代表取締役社長 箕田 美也
(3) 所在地   : 東京都中央区日本橋人形町3-3-13 
         人形町フォレストビル2F
(4) 設立年月日 : 1990年1月
(5) 主な事業内容: システム構築・システム保守事業
         システムコンサルティング事業
         サイト構築・運営代行事業
         インターネットメディア事業
         IT教育事業
(6) 資本金   : 3,000万円
(7) URL     : https://www.ilovex.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ