システム開発ブログ

Windows

その他

EdMaxとWindows8.1

みなさん、こんにちは

今回はメールソフトEdMaxをWindowsXPからWindows8.1へ移行した際に苦労した点をご紹介しておきたいと思います。

EdMaxの別マシンへの移行は、EdMaxインストール後に旧マシンのEdMaxフォルダをコピーすればよいというのが既に複数のサイトなどで紹介されている方法です。
ただし、気をつけなければならないのが、Program Files配下にインストールしてしまうと、
添付ファイルをEdMaxから直接開けないという以下の様なエラーが発生します。

「申し訳ございません。C:\Program Files\EdMax\Attachment\xxxxxxxxx.xxxが見つかりません。
名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります。」

この添付ファイルの件も既出の内容で、こちらはC:\EdMaxなどProgram Filesフォルダ以外にインストールすれば問題ありません。

今回苦労したのは、一旦インストールしてしばらく使用していたあとで再度入れなおすという作業の点でした。

Program Files配下でも添付ファイルは直接ではなくローカルに保存すれば問題なく開けます。
このため使用できることはできるのですが、それを今回さらに別フォルダへインストールして移行しようとしたところ、
単純にProgram Files\EdMaxフォルダを別のインストールフォルダにコピーするだけでは、
移行後からそれまでのメールの送受信内容などが一切入ってきておりませんでした。

EdMaxのAccountフォルダ内を確認してみても、確かにファイルのタイムスタンプなどが、前回の移行時のままとなっています。
ですが、Program FilesのEdMaxを起動すると最新の受信メールが表示されています。
どこか別のフォルダに格納されているのかとコンピューター内を検索してみたところ以下のフォルダにありました。

C:\Users\username\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\EdMax

このフォルダの内容を、新しくインストールしたフォルダに上書きすることで
無事、最新の送受信内容と同じ内容が確認できました。
添付ファイルももちろん開けました。

Windows8.1ではセキュリティが強化されているということなのでしょうから
上記の使用方法が本来的に良いかどうか?という点は。。。
では、誰かのお役に立てますように。

システム周りのお悩みを解決します

まずは無料ダウンロード

この記事に関連する記事の一覧


システム開発ブログ

Twitterでilovex_officialをフォローしてください

カテゴリー

以前の部署別ブログ

ページのトップ